ノーベル賞晩餐会の舞台裏3

ノーベル賞晩餐会の舞台裏3

Nobel 3

72226747 103938577669749 4137997095130192332 n

71921109 563634504393334 4114656950374765094 n

75566968 2367507343539327 6580363315556792746 n

73423678 165674594518267 2625714815535775972 n

71531561 594530641287336 3685754390367619672 n

73546051 104130957657735 6983932122209184467 n

今になって振り返れば、全体進行と安全の為に、この時アニータに渡すべきだったのかもしれません。でも咄嗟に口から出た言葉は Jag ska göra (私がやる)でした。この新人の強がりを尊重し、見守ってくれたアニータには感謝しかありません。そしてこのアニータ、とても優しく気さくな人ですが、同時に国王のサーブを何十年も担当しているベテランサーバーでもあります。